2011.01.31 Monday 13:11

肝がん原因の70〜80%C型肝炎へ新薬

田辺三菱 新規のC型慢性肝炎治療薬「MP-424」を国内承認申請

田辺三菱製薬は1月28日、新規のC型慢性肝炎治療薬「MP-424」(一般名:テラプレビル)を26日に日本で承認申請したと発表した。C型肝炎ウイル ス(HCV)の増殖を抑制する経口治療薬で、HCVの複製に関与するNS3-4Aセリンプロテアーゼを阻害する新規機序を持つ。現在の標準療法はペグイン ターフェロンとリバビリンの48週間併用療法だが、両剤にテラプレビルを加えた3剤併用療法とすることで、治療効果の改善と治療期間の短縮につながること が国内フェーズ3試験で確認されている。

国内フェーズ3試験は、標準療法群と、テラプレビル、ペグインターフェロン、リバビリンの3剤併用療法群(以下、テラプレビル投与群)で比較検討した。テ ラプレビル投与群は、最初の12週間を3剤併用とし、その後の12週間をテラプレビルを除いた2剤併用とするデザインとなっている。その結果、SVR率 (ウイルス持続陰性比率)は標準療法群49.2%に対してテラプレビル投与群73.0%と高い有効性が確認され、治療期間も標準療法の48週間に対してテ ラプレビル投与群は24週間に半分になる。また、前治療後再燃例や前治療無効例にも有効性が認められており、同社は「C型慢性肝炎に対する新たな治療法に なることが期待される」とコメントした。

日本のHCV感染者数は150万〜200万人と推定され、C型肝炎を適切な治療を行わないまま放置すると肝炎が徐々に進展し、20〜30年で肝硬変や肝がんを引き起こすとされる。肝がんの原因70〜80%がC型肝炎によるもの。

2011年1月31日 ミクスONLINE


Comment:
2011/05/13 12:12 PM, ワンアルファ  wrote:
日本ではHCVの例数は150000000万200で推定されていることを右されるは、C型肝炎は、肝臓のbe.Causeすることが30 yearsLiver CancerToの原因に肝炎、肝硬変のために適切な​​治療と20を残してくださいゆっくりと進んで
Add a comment:









Trackback:
http://shinyaku.vsgan.net/trackback/46
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyrights (c) がん新薬情報 All rights reserved.